*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エール
2次試験ですね。
明日でまずはひと段落。みんな受験頑張って!


僕も月末は頑張りますorz
スポンサーサイト
哲学
秀逸なコピペを見つけてきました。


ある大学でこんな授業があったという。 

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そして砂利を壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
 学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
 大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。

それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。
アーバンネットワーク
東京の鉄道網って、ほんとカオスですよね。

路線を網羅してる人ならともかく、普通の人が東京で電車使うときにビシィッと目的地に迷わず行くのは至難の業です。間違いない。
今日琉流ちゃんに経路説明するとき、必然的に第3者目線で路線図見ることになりましたが、あれはヤバい。

というわけで琉流ちゃんは迷わないよう頑張って!(^^)


弟が東京の私立受けるとか言いだしたら、ホイホイ付いて行ってきちんと案内してやる予定だったのですが、結局彼は国立一本に絞ったので僕の役目は無しです。

そういや夏コミのときも、アクシデントで急きょ大幅に旅程を変更する必要が出たにも関わらず、部員を無事に姫路から蒲田まで案内した記憶があります。帰りも横浜までのルートをアドバイスできましたっけ。


いや、もう、お役に立てて何よりです。

鉄ちゃんでよかったーと嬉しく思った経験は、実は少なくなかったり…。
なんでこんなに地理に詳しくなったんでしょうかね。マジアカのやりすぎですかね。
…。…!?
雨の中車で国道を65キロで走行してたら、原付に追い抜かれたでござるの巻。


原付は雨合羽も着てないで、颯爽と右車線から通過していきました。
危ない通り越して完全に発狂してる、って言われても文句言えないレベルだと思います。

原付ってあんなに速度出るとは思わないんですが、確かにバイクではなかったかと。
ミノタウロスポイント
このままでは、一週間の合計睡眠時間が20時間を割ります。
寝ないで死を覚悟して試験に備えるか、体調を重んじて試験を捨てるか。

答えは一つです。死んできます。殺すのは成績ではなく…我が身です。


バイトあるけど、大丈夫じゃなさそうだなー。(汗)
「私はこういう事が仕事なのでどうという事はありませんが、
 ただ枚数をこなせばいいだけの事…
 こっちが負ける要素はありませんわ」
とか、さらっと言い飛ばしてみたかったんですが、とてもじゃないけど無理です。

テスト明けはちょっと別の場所で勝負せねばならんので、ここで頑張っておかないといかんです。
エクセルマスター
化学でエクセルなんて使わない…、そう思っていた時期が僕にもありました。


P.S. 2月末に名古屋やら大阪やら行ってくるかもしれません。鹿児島には3月の…中旬?
自己紹介

namezo

Author:namezo
20年間九州在留を続ける大学3年生。
過去に一度、夢をぶち壊してしまった経験有り。


勉強とサークルとバイトと自宅警備の同時成立は可能かどうかの検証を行っています。

「嘘喰い」至高。「ローゼン」至高。ヤンジャン至高。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
訪問客数
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。